プロフィール

HANZO

シンガーソングライター

本名:服部 論(はっとり さとし)
出身地:島根県 安来市 12月13日うまれ

<経歴>
2001年より歌手活動開始。これまでに、アルバム3枚シングル8枚をリリース。
30代の時、1型糖尿病を発症し入退院を繰り返す。1日4回のインスリン投与、食事制限も 厳しく、将来の不安を抱える毎日を送るなか、病院でインスリン投与する1型糖尿の子供達を目の当たりにし、「この子供達へ同じ病気を患う者として希望と勇気を与えたい!」と、夢だった歌手の道に進む。
癒しのバラードを中心にギター、ピアノの弾き語りやダンス、多彩な歌唱と愉快なトークで幅広い年代の ファン層から支持され、代表作「心花」「てっぺん」は全国のカラオケ大会の勝負曲として長年歌われる。
2010年ユニバーサルシグマより「てっぺん」でメジャーデビュー。フジテレビ系「とくダネ!」で小倉智昭氏 より【てっぺん】が紹介される。
その後、出身地島根県の「遣島使」、安来市の「ふるさと観光大使」、出雲市の「観光大使」を拝命。その縁で「あだん~この街安来~」が安来市のPRソングとなる。
2012年島根県のイベント 「神々の国しまね〜古事記1300年〜」 の応援ソング「スサノオ~愛の神~」を発売。
2014年新安来市発足10周年記念曲「愛しふるさと安来」の作詞•作曲を手掛ける。
年、日本コロムビアより「あったかいんだな」を発売。近年のカラオケ大会では、「人生なんてね」  「スサノオ~愛の神~」が多く歌われている。
2015年第一興商主催のカラオケ世界大会「KWC2015」において、参加者が「スサノオ~愛の神~」で  世界大会7位を獲得。
2016年度 NAK(日本アマチュア歌謡連盟)日本流行歌大賞において 「人生なんてね」が男性愛唱歌総合11位、感動した歌10位、カラオケ大会愛唱歌22位とランクイン。
また、実力派歌手としてHANZOが14位にランクインする。
2018年117日テイチクレコードより「東京ダンシングナイト」を発売。
 
 

◎カラオケ「ライブDAM」に、21曲配信中 多数曲 提供曲 配信中

~CDディスコグラフィー~ 

・2004年 シングルCD「心花」をリリース
・2005年 ミニアルバムCD「インスリン依存型」をリリース
・2007年 シングルCD「てっぺん」をリリース
・2008年 シングルCD「秩父札所の赤とんぼ」をリリース
・2010年9月1日 ユニバーサルミュージックシグマより シングルCD「てっぺん」リリース
・2012年3月10日 シングルCD「スサノオ~愛の神~」をリリース
・2012年7月25日 シングルCD「あだん~この街安来~」をリリース
・2013年8月20日 シングルCD「くちびるの花」をリリース
・2014年4月23日 日本コロンビアより「あったかいんだな」をリリース
・2015年3月1日 アルバムCD「それぞれのてっぺん」をりりーす
・2016年6月15日 シングルCD「せつないね」をリリース
・2018年1月17日 テイチクレコード 「東京ダンシングナイト」をリリース


営業時間 : 9:00~17:00

6 days a week 

 

03-6276-0836
03-6276-0837
office@hanzo1.com

東京都渋谷区笹塚1-54-9
パラシオン笹塚1207号


電車でお越しの方へ

京王線笹塚駅より徒歩3分…改札を出て(出口は1箇所です)高架下アーケードを真っ直ぐ歩き道路に出たら左。甲州街道に出たら渡らず右(門が東京三菱銀行)へ。ガソリンスタンドのENEOSの手前のマンションです。京王線高架下を通れば殆ど雨に濡れず来る事も出来ます。